2011年11月24日

多忙な季節

一年で最も忙しい時期になりました。
先週は東京交響楽団の定期に出させて頂きリハーサルと本番2回で約一週間、シェーンベルグと格闘していました。
実は私、シェーンベルグの曲は初めて演奏しました。現代曲はこれまでも沢山の演奏機会がありましたがシェーンベルグは初めてでしたので楽しみ半分怖さ半分(笑)

3rdも1人で吹くところが幾つかあり、拍子やテンポがめまぐるしく変わりますし、なかなかお目にかからないほどの跳躍やらミュートつけてppppでフラッターなど、なかなかの緊張感でした(笑)

でも面白かったです。

たまにはこういう緊張感も必要ですね。


そのリハーサルの合間に、12月のオルガンコンサートの合わせをしたり、学校、レッスン、打ち合わせ、アレンジ、文書作成…
結構目まぐるしい一週間でした。また来週はオーケストラと、ソロ&オルガンコンサート。次の週もオーケストラ、それからデュオ&オルガンコンサート、また別のオーケストラ、メサイア、また別のソロコンサート…そしてシメのジルベスターコンサートまでなかなかバリエーションに富んだ12月になりそうで準備が大変ですが、ワクワクしています。

皆様に聴いて頂きたいコンサートはまた個別にアップ致します。

震災直後はコンサートも軒並みキャンセル、人前でラッパを吹く機会が激減して一人で悶々と練習する辛い日々が続いていました。
そんな年の終わりに沢山のコンサートに恵まれて締めくくることができる喜びを噛み締めて、一つ一つの本番を大切にしてゆきたいと思います。
posted by 英三子 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。