2011年11月09日

訃報

先月に続いて、先週末、また以前仕事でお世話になった方の訃報が飛び込んできました。

お二人共私より少しだけ年上…まだ40半ばです。

そしてどちらも素晴らしい演奏家でした。
そしてどちらもとても気さくで、思い出すのは素晴らしい演奏と弾む楽屋トークでのとびきりの笑顔。

どちらも暫くお会いしていなかったこともあり、未だに事実として受け止められません。

ただ…そのお二人が最も違ったのが逝き方。

一人は病気…それもかなり進行の早い病気で…暫く体調不良で、その病名がはっきりわかってから1ヶ月で逝ってしまいました。とても無念だったことでしょう。まだ、お元気だったらやるはずだった本番もあったようです…。

もう一人は…自ら逝ってしまいました。全ての仕事に人を入れ、私物を整理し、誰にも迷惑をかけないように…だったそうです。
逝ってしまったことも辛いけれど、けっして衝動的ではなかった…それまでの胸中を思うととてもとても苦しいです。


どちらの方も大好きでした。

ただただ、安らかにお休み下さいとしか言えません。

そして、健康で家族に恵まれ元気に過ごさせて頂いていることに感謝しながら、日々前を向いて、しっかり生きてゆきたいと思います。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by 英三子 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。