2012年02月29日

メロンパン

DSC_0057.jpg
長男学級閉鎖、また大雪の今日、運良く休みの私はどこにも出れないことを良いことに長男の大好物のメロンパンを焼きました(^_^)/あまり見てくれは良くありませんが。
初めてのメロンパンにしてはまあまあかな(笑)

手間かかるけど、焼きたてパンは美味しいな(*^ー゜)
posted by 英三子 at 16:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

モーリス・アンドレ氏

昨晩、ラッパ界…いや、世界の音楽界に衝撃が走った。
FBもTwitterも開くとその話題ばかり。

偉大な音楽家、モーリスアンドレさんの訃報。

高校時代、FMから流れてきたハイドンのコンチェルトを聴いた時に衝撃を受けた。それまでトランペット=ニニ・ロッソと思っていた私は、あまりのショックに、どうラッパを吹いていいかわからなくなるほどだった。

それから、間もなく来日。
高校の友達と県立音楽堂に聴きに行った。
アンコールの主よ人の望みの喜びよを聴いて、震えが止まらないほど感動した。暫く言葉も出ず、感動を言葉にしたくなく、まだギャルギャルだった高校生女子なのに、全く会話をせずに帰った。

超絶技巧も凄いけれど、あの白丸の音だけで人の心に響く…そんなラッパ吹きって凄い!と、高校生ながら心を鷲掴みにされ、そんなラッパ吹きになりたい!と強く憧れた。

その後、芸大に入ってからまた来日。私の恩師、杉木先生のお師匠様でもあるので、パーティーですき焼きをご一緒させて頂けた。
私は緊張して全く箸をつけられなかったけれど、アンドレさんは箸を使うのに苦戦されていて、箸でしらたきをつかみながら「箸を使うのはブランデンブルクを吹くより難しい」なんて無邪気な笑顔で話されていたのがとても印象的だった。

その後数年してまた来日。サントリーホールに行った。もう、その時はアンドレさんがステージに現れただけで涙が止まらないほどのオーラ。

音に人間性が出るのはわかるけど、出てきただけで会場の空気さえ変わってしまうあのオーラ。
一生忘れないし、それを感じることができた私達は幸せ者だと思う。


アンドレさん、沢山の感動を有り難うございました。
安らかにお眠り下さい。
posted by 英三子 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーリス・アンドレ氏

昨晩、ラッパ界…いや、世界の音楽界に衝撃が走った。
FBもTwitterも開くとその話題ばかり。

偉大な音楽家、モーリスアンドレさんの訃報。

高校時代、FMから流れてきたハイドンのコンチェルトを聴いた時に衝撃を受けた。それまでトランペット=ニニ・ロッソと思っていた私は、あまりのショックに、どうラッパを吹いていいかわからなくなるほどだった。

それから、間もなく来日。
高校の友達と県立音楽堂に聴きに行った。
アンコールの主よ人の望みの喜びよを聴いて、震えが止まらないほど感動した。暫く言葉も出ず、感動を言葉にしたくなく、まだギャルギャルだった高校生女子なのに、全く会話をせずに帰った。

超絶技巧も凄いけれど、あの白丸の音だけで人の心に響く…そんなラッパ吹きって凄い!と、高校生ながら心を鷲掴みにされ、そんなラッパ吹きになりたい!と強く憧れた。

その後、芸大に入ってからまた来日。私の恩師、杉木先生のお師匠様でもあるので、パーティーですき焼きをご一緒させて頂けた。
私は緊張して全く箸をつけられなかったけれど、アンドレさんは箸を使うのに苦戦されていて、箸でしらたきをつかみながら「箸を使うのはブランデンブルクを吹くより難しい」なんて無邪気な笑顔で話されていたのがとても印象的だった。

その後数年してまた来日。サントリーホールに行った。もう、その時はアンドレさんがステージに現れただけで涙が止まらないほどのオーラ。

音に人間性が出るのはわかるけど、出てきただけで会場の空気さえ変わってしまうあのオーラ。
一生忘れないし、それを感じることができた私達は幸せ者だと思う。


アンドレさん、沢山の感動を有り難うございました。
安らかにお眠り下さい。
posted by 英三子 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

生徒から

DSC_0049.jpgDSC_0051.jpg
先日生徒がレッスン終わった後にこんな可愛い物をくれました!!
中にはトトロたちと手作りのバレンタインチョコ!!

感激!!
posted by 英三子 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

バレンタインに

.facebook_86152933.jpg
フォンダンショコラを作りました…の、つもりが、チョコスフレみたいになっちゃった(^-^;)
でも、これもアリかな!?
posted by 英三子 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

VBT退団のご報告

とても寒い日々が続いていますが皆様おかわりございませんでしょうか。
私は最近体調不良でここ数日きちんとした食事が摂れていなかったのですが、だいぶ食欲が戻ってきました。
寝不足やきちんとした食事がとれないと免疫力が弱りインフルエンザなどの感染症にかかりやすいようなので、気をつけたいと思います。

さて・・・

ひさしぶりの投稿なのに突然のお知らせなのですが・・・

私、1995年の創立以来ソプラノコルネットを務めさせて頂いていたVIVID BRASS TOKYOを退団させていただくことになりました。

理由は、VIVIDのコンセプトと、自分の考えや目指すところなどの、溝を埋めることができなかった、という自分自身の気持ちの問題で、決して団と何かあったとか、金管バンドが嫌になったとか、そのような理由ではなく、メンバーの方々には気持ちをお伝えして時間はかかりましたがこのような結論に至った、というわけです。

私は元々ハイノートプレイヤーでもなく、スタミナやパワーがあるわけでもありませんが、創立以来ソプラノを務めさせて頂いたのは、温かいメンバーと応援してくださった皆様のお陰です。

そして、普段は主に下吹きとしての活動が殆どの私にとって、ソプラノのパートを任せていただけるのは本当に貴重な場で、唯一自分のカラーを出せる場、といっても過言ではありませんでした。

また、個人的に一番しんどい時・・・産後まだ二人の子供の離乳も終わらずオムツも取れていなくて練習時間の確保が困難だった頃や、まだ小さくて身体が弱くてしょっちゅう病院通いをしていた頃・・・思い返せばCDの録音の時に子供がヘルパンギーナになり高熱で一晩中徹夜で看病しそのままレコーディングをしたり・・・(月とメキシコのはざまになんて良く吹いたなあ・・・笑)・・そんな時期を乗り越え、子供もだいぶ成長しやっとこれから自分のペースでできる、と言うときに大好きな活動の場であるVIVID退団の決意をするのは、本当に切なく辛いものでした。

それでも、今後の自分の活動の為に、自分の信念をもって、今回卒業させていただくことにしました。

でも、決して、演奏活動をやめるわけではありません。益々精進してゆくつもりです。
エスコルも封印するわけではありません。金管バンドも、機会があればまたやりたいとも思っています。ですので、どうぞ皆様今後も変わらず応援していただければ幸いです。

最後に、私は私なりに十数年、VIVID BRASSのソプラノを誇りを持ってやってきました。

本当に有難うございました。
そして、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
posted by 英三子 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。